好転反応で発熱した骨盤ヨガ

友達から誘われてヨガクラスに定期的に通うようになりました。その頃、友達といった通っていたヨガクラスは超初心者向けで、半分くらいはストレッチを行う程度の軽いものでした。ヨガをやり始めてから年間ほどが経ち、それまで甚だ身体が硬かった私もさすがに少しずつ張りがでてきて、惜しくも本格的なヨガを知りたくなりました。

そこ見つけたのが、ヨガのポージングにおいて骨盤の歪みを整えて調整するという「骨盤ヨガ」でした。骨盤が整うためぽっこり下腹がすっきりしたり、また子宝にも恵まれやすくなるという骨盤ヨガは20?30代の女性に大人気のクラスでした。
軽いストレッチの後、基本的なヨガを行い、その後もうすぐ骨盤や下半身を伸ばすポーズが始まります。2人1組ペアになって行うポーズもあり、これまでぜんぜん意識していなかった箇所が伸びたり、筋肉がさんざっぱら刺激されているのを感じました。

ビッシリ90分のレッスンが終わる頃には、ホットヨガでもないのに大量の汗で、それと共にデトックスされてるのを感じました。これまで動かしたことのない身体の内側まで刺激されたため、日頃は翌日に来る筋肉痛がレッスン終了直後からやってきました。
帰宅した頃には、それまで心地よかった疲弊が急に倦怠感に変わり、まさかの38度を超える発熱に見舞われました。暫く横になって休んでいたら夕方には徹頭徹尾平熱に戻って相当スッキリしたので、これがデトックスの好転反応だったんだなぁって、初めての経験に感動しました。conversaoaojudaismo.com