子供に伝えたい歯磨きの大切さ

私が子供としてあげたいことは歯のしっかりした管理です。子供が自分でじっと磨ける年齢になるまでは一概に歯磨きを見てあげたいとしていらっしゃる。
俺は虫歯の治療痕が多く、恐ろしいものだと神経を抜いて銀歯を被せる処置をした歯もあります。すでに7年ほど前の虫歯ですが、その歯が原因で歯茎が痛んだり熱いものや刺々しいものがしみたりして、今でも時どき歯科に通うことになっていらっしゃる。
私が歯の神経を失うことになったのはもちろん歯磨きが十分ではなかったからですが、他にも歯並びの悪さや家庭での歯磨き指導の不足などが言えると考えています。
子供の健康診断で歯磨きについての話を聞くと、8歳ぐらいまでは親が仕上げ磨きを通じてあげてほしいに関してでした。思い返せば俺は小学校に入る前には今や親から歯磨きに関して何か仰ることはありませんでした。うっかり磨かずに夜寝てしまったこともたくさんあるし、めんどうで磨かなかった日もあります。そういう歯磨きに関する意識の低さが大きな虫歯に繋がってしまいました。
今私は歯磨きをしっかりしてこなかったことを凄い後悔していらっしゃる。子供にはそんな思いは絶対させたくありません。口うるさいという思われても子供たちが大人になっても、歯磨きの大切さを伝えていきたいとしていらっしゃる。,池袋は脱毛サロンの激戦地です。おすすめはこちら